THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 三味線、琴(箏)など弾きもの 今村正房作/柳川三味線 銘 “与し野”詳細
明治期の名楽器師、今村正房が第4回内国勧業博覧会(京都開催)出品のために製作した京三味線
メーカー/ブランド
今村正房作
モデル
柳川三味線 銘 “与し野”
年代
1895年
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
いにしえの名楽器師、今村正房氏が、第4回内国勧業博覧会(明治二十八年京都開催)出品のために製作した貴重な柳川三味線。
棹材は紅檀(=紅木)。花梨胴には菊水蒔絵に彩り豊かな賓石による象嵌細工、金銀細工のりんどう金具。糸巻きは烏木(=黒檀)面取りに金彩と頭部に菊花の彫刻。天神正面に“与し野”の銀文字、月形に金物細工。紅房飾り音緒、仮継、錦敷布、能書き、黒漆化粧箱、桐箱が付属します。

状態
百二十年の経過を感じさせない艶やかな姿が保たれています。皮は張っていません。皮張りをご用命を戴ければご希望の皮にて承ります。(別途費用と日数を頂戴致します。)
戦後に一般的となった高級三味線にある綾杉彫りや、棹のホゾに金具を入れる所謂、金細など細工はありません。胴内を覗くと胴の中心線に手掘りで製作していた証拠でもある荒打ちの刃痕が確認出来ます。

特徴
一般的な細棹よりもさらに細い京三味線、いわゆる柳川三味線です。博覧会出品用の製作ということもあり、最良の材を使い、技巧の限りが尽くされており、三味線であると同時に工芸品価値も極めて高い品です。

お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR山手線、新大久保駅改札から徒歩2分ε = ε = ε = ((((o^ー^)o
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:46614]
S(美品) /tc062248
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23