THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 太秦廣就(ひろなる) 造之/煤竹本節管鳳笙 銘 狐雲詳細
天王寺方楽家、太秦廣就(ひろなる)作の鳳笙名管 銘【狐雲】
メーカー/ブランド
太秦廣就(ひろなる) 造之
モデル
煤竹本節管鳳笙 銘 狐雲
年代
1800年
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
天王寺方楽家、太秦廣就(ひろなる)作の鳳笙名管、銘 狐雲。煤竹本節。江戸期の製作品。
付属品は錦袋のみとなります。
※こちらの鳳笙は楽器庫に保管しております。店頭には展示しておりませんので、御覧になる際は、スタッフにお申し出ください。

状態
笙専門職人の元で調整完了済み。調整内容は以下の通り。
洗い調律。竹管内外クリーニング。千・上のリード交換。
千・八・七・凢ぼう・彳・乙の竹補修。

特徴
工の竹に【信貴山行円作慶雲丸冩之 狐雲】の文字が刻まれている通り、太秦家に代々受け継がれていた鳳笙【慶雲丸】のオマージュ的作品。行円は、信貴山の僧侶であり、鎌倉時代の笙製作の名人。いにしえの大家に敬愛の念を籠めて取り組んだ廣就渾身の一管です。
姿の美しさもさることながら、楽器としても極めて優れた管。レスポンスが良く、洗練された響きを備えています。息漏れもなく、通常演奏に耐えるコンディションが保たれていることは奇跡的です。

※この笙の製作者、太秦廣就(林廣就)の養子、林廣守は幕末の笙演奏家であり、明治維新後に宮内省雅楽局(現在の宮内庁式楽部の前身)に所属中に日本の国家 “君が代”を作曲しました。

★笙ついてのお問い合せ★
和楽器百人堂
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
お店の場所 JR山手線、新大久保駅改札から徒歩2分ε = ε = ε = ((((o^ー^)o
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:1171]
A(年代相応) /tc063335
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23