THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 三味線、琴(箏)など弾きもの 長唄三味線/紅木金細子持ち綾杉彫胴詳細
美しいトチ模様が中子先までびっしりと均等に入った最高級紅木が用いられた極上の長唄三味線
メーカー/ブランド
長唄三味線
モデル
紅木金細子持ち綾杉彫胴
年代
1980年代
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
長唄三味線。トチ入り最高級紅木棹。金細上下二段溝。子持ち綾杉彫胴。面取り象牙糸巻き。象牙丸撥(持ち手黄ばみあり)、象牙駒2つ付属。胴掛け2ヶ(紫色)、天神キャップ、天神袋、長袋、仮継(新調)、三つ折り袋、桐胴板、トランクケース(水色)、三つ折りケース(紺)付き。新品相場価格140万円以上の品

状態
1980年代の製作品。両面皮張り替え(四ツ皮並)。福林付け直し、目違い、ほぞ締め、勘減り、福林直し。象牙糸巻き仕込み直し。象牙糸巻きは経年変化により全体的に黄色く変化しています。
※『三味線は消耗品で十年程度で鳴りが落ちてくる』という説は、毎日長時間の稽古と過酷な舞台で演奏するプロ奏者の場合。愛好家の方ならば、棹や胴の材質が優れている三味線を選べば、仕込み調整の手を定期的に入れることで二、三十年は十二分にご堪能頂けます。

特徴
細かなトチが天神から中子先まで綺麗に入った最高級の紅木が使われた長唄三味線です。現在、このような紅木を使用した長唄三味線を入手すること自体が大変困難な状況です。高級長唄三味線ならではの切れ味と締りのある艷やかな音色を存分にお楽しみ頂ける一丁です。

☆高級三味線の棹に使用される紅木(こうき)は、現在は厳しい取引規制の対象となっています。良材の紅木を三味線に使用すること自体が極めて困難となっております。現在、良材が贅沢に使えた時代に製作された三味線の評価が高まっており、紅木を用いた高級三味線の市場価格は年々上がり始めています。この機会を是非、ご利用くださいませ。

※御購入後の皮破れ、糸切れにつきましては、期間に拘らず保証対象外となります。予めご了承くださいませ。

和楽器百人堂は、和楽器を通じて日本の伝統文化の素晴らしさをお伝えして参ります。
★三味線についてのお問い合せ★
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR山手線、新大久保駅改札から徒歩2分
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:66032]
S(美品) /tc083219
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23