THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 一節切/煤竹籐巻き管内朱漆塗り  一節切(ひとよぎり)詳細
連歌や茶の湯と並び、いにしえの武士や僧侶・貴族に嗜まれた一節切(ひとよぎり)
メーカー/ブランド
一節切
モデル
煤竹籐巻き管内朱漆塗り  一節切(ひとよぎり)
年代
1900年以前
店頭参考価格(税込)
270,000 円
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
一節切(ひとよぎり)の古管。製作年代は幕末から明治頃と思われます。煤竹。籐巻きの上から厚く黒漆塗りが施されています。管管は朱漆塗り。長さ一尺一寸一部(約33.6センチメートル)。調子はA管。指孔は表四、裏一。

状態
金の線は陶器の技法ではお馴染みの金継の一種。製作段階でひびが入った部分の漆の埋め痕に蒔絵と同じ技法で金を蒔いています。管表面にひびが数か所見受けられますが、貫通していませんので、演奏に支障はありません。一節切に造詣の深い尺八師範の方に試奏確認依頼。演奏可能な状態であり、一節切の古管としては、バランスの良い一管である、とのこと。

特徴・魅力
一節切(ひとよぎり)は指孔は表四、裏一の短い尺八。(一尺一寸一部/約33.6センチ)。鎌倉時代より連歌や茶の湯と並び、当時の文人や武士に嗜まれました。一休さんこと、一休宗純和尚もこの縦笛に熱心だった様子が『狂雲集』などから読み取ることが出来きます。当時は一節切とは呼ばずこれを尺八と呼んだようです。調子は黄鐘 (A管)です。
江戸に入り、普化宗の虚無僧集団による普化尺八、すなわち現在の一尺八寸の尺八が法器として広まるにつれ、一節切はゆっくりと衰退を辿ります。解体新書でお馴染みの蘭学者、前野良沢はいにしえの文人の嗜みを尊び、一節切は後世に残すべき貴重な文化であると訴えていたことは知られざるエピソードです。

和楽器百人堂は和楽器を通じて日本の伝統文化の素晴らしさをお伝えして参ります。

★一節切・尺八ついてのお問い合せ★
和楽器百人堂
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
お店の場所 JR山手線、新大久保駅改札から徒歩2分ε = ε = ε = ((((o^ー^)o
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:51094]
A(年代相応) /tc083862
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23