THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 鳳笙古管/猫掻煤竹本節管 麒麟蒔絵頭詳細
徳川時代中期まで遡る猫掻きの手法が施された煤竹本節管鳳笙古管
メーカー/ブランド
鳳笙古管
モデル
猫掻煤竹本節管 麒麟蒔絵頭
年代
1900年以前
店頭参考価格(税込)
594,000 円
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
鳳笙煤竹本節管。全長52センチの本寸管。頭は黒漆に麒麟の蒔絵があしらわれています。枕、錦袋、鳳笙譜、桐箱入り。江戸時代(或いはそれ以前)の製作品と思われます。

状態
笙専門職人の元で調整完了済み。調整内容は以下の通り。洗い調律。竹管内外クリーニング。頭内部のアルコール消毒・埃除去。帯締め直し。全リード錆落とし。竹ひび割れ補修。やや息漏れが感じられますが演奏には支障はありません。
※これから笙を始める方、習い始めて間のない初心者の方には若干ハードルが高くなります。

特徴・魅力
ご覧のとおり、すべての竹管の表皮が剥かれて縦方向に微細の刃筋痕、いわゆる猫掻きの手法が施されています。龍笛や篳篥では一般的な手法ですが、現存する笙では紀州徳川家所蔵の笙に見受けられる程度で、鳳笙としては極めて珍しい仕様です。また、矢・毛の竹管にもリードが付いていた痕跡と毛の竹管にも鋲上があるなど、構造上はかなり昔(江戸初期以前)の笙に見受けられる特徴を持っています。この一管も少なくとも徳川時代まで遡る古い管であると思われます。

★笙ついてのお問い合せ★
和楽器百人堂
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
お店の場所 JR山手線、新大久保駅改札から徒歩2分
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:53351]
A(年代相応) /tc084229
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23