THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 古式尺八/七寸地無し延管 菊花葉蒔絵尺八詳細
風情のある菊蒔絵が施された古式(明暗)の延べ管尺八(七寸管)
メーカー/ブランド
古式尺八
モデル
七寸地無し延管 菊花葉蒔絵尺八
年代
1900年以前
店頭参考価格(税込)
151,200 円
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
古式地無し延べ管尺八。唄口は古式(明暗流)。一尺七寸の延べ管(継無し)。全長約52センチ。元箱等の付属品はありません。
明治〜大正期の製作品ではないかと思われます。

状態
唄口半欠け>黒水牛角入れ替え(元の形状に可能な限り忠実に作成依頼)。唄口のよこ、第一孔と第二孔のあいだに極細ひび>漆留にて補修。管内等は一切手を入れていません。楕円状の焼印がありますが擦れて判別不能です。
※当店の尺八は遠藤晏弘尺八工房にて調整・修理を施しています。

特徴
明暗流の地無し(※)延べ管尺八。江戸時代の禅宗(普化宗)の僧侶が瞑想に使うために製作された法具として尺八がこのスタイル。当時は幕府のご法度により建前上は一般の者は吹いてはならない法器でしたが、幸いにも現代は誰でもチャレンジ可能です。風情のある蒔絵と細身で緩やかな弓状のフォルムが相俟って、美しい姿が印象的です。

※地無し管(じなしかん)尺八とは…江戸時代の禅宗の一派、普化宗の僧侶である所謂「虚無僧(こむそう)」がお経を唱える代わりに吹いていたものが「地無し管」と呼ばれる尺八。管内に下地を付けないことから、地無しと呼ばれます。地無し管尺八の管内は自然の竹管の凸凹のままですので調律は不安定ですが、複雑な倍音構成による独特の響きが魅力となっています。逆に、管内を整えて調律を出す工程を地ありと呼びます。現代の尺八の大半は地あり尺八です。

@地無し尺八は調律されていない独奏用の尺八です。演奏の目的や吹き方が一般的な調律管尺八とは異なります。予めご了解の上、お買い求めください。

和楽器百人堂は、和楽器を通じて日本の伝統文化の素晴らしさをお伝えして参ります。

@尺八についてのお問い合せは
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR山手線、新大久保駅改札から徒歩2分
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休日)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:41843]
A(年代相応) /tc084966
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23