THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 三味線、琴(箏)など弾きもの 芦田眞阿 作/木津宗匠御好/松竹梅板三味線詳細
指物師・芦田眞阿が茶道・武者小路千家に作成した好み物『松竹梅板三味線』
メーカー/ブランド
芦田眞阿 作
モデル
木津宗匠御好/松竹梅板三味線
年代
1930年代
店頭参考価格(税込)
156,600 円
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
大阪の茶道流派、武者小路千家の九代(十二世)、愈好斎聴松(ゆこうさいちょうしょう※)が、茶道会の好み物(飾り道具)として製作注文品したものと思われます。作者は、芦田眞阿。武者小路千家の茶道具の指物師です。『松竹梅板三味線』の銘のとおり、棹は竹、糸巻きに松、胴に梅の木が使われています。昭和初期の製作品。駒・撥(本象牙先/骨元)、桐共箱付属。

※愈好斎聴松(ゆこうさいちょうしょう)…大正15年「官休庵」を改築。『茶道妙境』『茶道風与思記(ふとおもうき)』などの著書執筆。昭和28年没65才(1953)

状態
表板に小さなアテキズと欠け埋め補修痕あり。糸交換・各所点検済み。

特徴
茶道三千家のひとつ、武者小路千家の九代目が、茶会の飾り道具として製作した茶道の道具のひとつ、いわゆる【好み物】です。作者の指物師・芦田眞阿は武者小路千家の愈好斎の好み物を作成し名を馳せた名工。指物師が作成する好みものは、一棚や炉縁(ろぶち)が一般的ですが、鳴り物もあります。茶懐石の始まりを知らせる鳴り物として用いられますが、弦楽器が作られるのは非常に珍しいようです。薩摩の伝統楽器ゴッタンなどを模倣して作成されているので、もちろん弾くことが出来ます。簡単な曲ならば演奏することも可能です。

和楽器百人堂は、和楽器を通じて日本の伝統文化の素晴らしさをお伝えして参ります。

お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR山手線、新大久保駅改札から徒歩2分ε = ε = ε = ((((o^ー^)o
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:42977]
A(年代相応) /tc086612
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23