THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 鳳笙/煤竹無節袖管鳳笙 【和楽器百人堂】詳細
極めて特殊な竹管構造が施された江戸時代の稀少な袖笙(そでしょう)
メーカー/ブランド
鳳笙
モデル
煤竹無節袖管鳳笙 【和楽器百人堂】
年代
1900年以前
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
煤竹無節の鳳笙袖管。全長34センチ。銀金具。頭鏡面は水牛角。竹管は表面に生漆塗りが施されています。枕、錦袋、錻力(ぶりき)塗筒、木箱付き。金具の意匠から明治以前の製作品と思われます。
状態
笙専門の職人の元にて、帯〆直し、竹の内外クリーニングを含む洗い調律済み。頭には秋草の蒔絵が施されていましたが、剥がれが進行していたため、漆職人の元にて黒漆にて塗り直しました。金具類も表面の変色が著しい状態でしたので磨き直しています。また、八ヶ所に割れの補修痕が見受けられます。(現状では問題ありません。)用いられている竹管が非常に細く、千と比の隙間も狭いので、指の太い方は演奏が厳しくなります。竹は現状よりも削ることは出来ません。予めご了承ください。
特徴
入荷品は袖笙のなかでも極めて特殊な作りが施されています。外観ですが、写真をご覧の通り、袖管によくあるずんぐりとした達磨管ではなく、本寸の鳳笙をそのままスケールダウンしたスマートなフォルムです。鏡面の直径もふた回り程度小さめ。おそらく、その形を具現化するために極めて細い節無で組んだものと思われます。もっとも珍しい構造として、一の竹管(低シ音)と乞の管(低ラ音)には、普通の袖笙にある内側の継管(低い音を出すための長さを確保するための延長管)が見当たりません。長年笙を扱っている方でも、この構造で作られた袖管をご覧になった方は殆ど居ないのではないでしょうか。御購入戴いた方には、その秘密をお伝え致します。竹管に文字彫りや銘がありませんので作者は不詳ですが、鏡面や金具の質が非常に高く、優れた雅楽器師の手によるものには間違いありません。

お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR山手線、新大久保駅改札から徒歩2分ε = ε = ε = ((((o^ー^)o
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:41837]
A(年代相応) /tc057697
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23