THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 古代尺八(雅楽尺八)/正倉院国家珍宝帳 刻彫尺八一管 (レプリカ) 【和楽器百人堂】詳細
国家珍宝帳記載、正倉院北倉に保管されている刻彫尺八一管の精巧な複製品(レプリカ)
メーカー/ブランド
古代尺八(雅楽尺八)
モデル
正倉院国家珍宝帳 刻彫尺八一管 (レプリカ) 【和楽器百人堂】
年代
1910年代
店頭参考価格(税込)
302,400 円
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
正倉院国家珍宝帳記載、北倉に保管されている刻彫尺八一管のレプリカです。全長437ミリ(※)。管外径・頭・管尻ともに21ミリ。管内径歌口側17ミリ。管尻内径14ミリ。明治以降の製作品と思われます。専用木箱付き。
※唐時代の小尺は、246ミリ。437ミリはおおよそ1尺八寸。

状態
唄口横ヒビがありますが貫通していませんので、音を出すことが可能です。

特徴
正倉院国家珍宝帳記載、北倉に保管されている刻彫尺八(こくちょうのしゃくはち)の精巧なレプリカです。竹の寸法、形状、節の位置なども極めて近い竹(呉竹=淡竹)が使われていると思われます。管の文様は表皮を彫り残すことで表し、さらに毛彫りで細かな文様を施してます。宝相華、飛鳥、蝶や、石に腰掛けて琵琶を弾く、唐衣装の女性の文様まで、高い技巧で模倣されています。本物には敵いませんが、学術研究や博物館展示のために制作されるレベルの品物です。音色は雑味のない静かで澄んだ柔らかい響き。古代尺八(雅楽尺八)が、普化尺八の流れを汲む現代の尺八とは大きく異なる音色の楽器であることが判ります。

★尺八ついてのお問い合せ★
和楽器百人堂は、和楽器を通じて日本の伝統文化の素晴らしさをお伝えして参ります。
お問い合せ電話 03-5386-4566
お問い合わせメールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR総武線大久保駅南口より徒歩3分(土・日も空いてますのでお勧め致します。)
JR山手線新大久保駅から徒歩2分
東京都 新宿区 百人町1-11-29 ARSビル1F

営業時間 11時〜20時(毎週水曜定休)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:45782]
A(年代相応) /tc083120
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23