THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 三味線、琴(箏)など弾きもの 薩摩琵琶/錦琵琶(四絃五柱)片桑/黒漆塗り 【和楽器百人堂】詳細
錦心流の琵琶奏者・水藤錦穣が実践、改良し世に広めた四弦・五柱の薩摩琵琶、錦びわ
メーカー/ブランド
薩摩琵琶
モデル
錦琵琶(四絃五柱)片桑/黒漆塗り 【和楽器百人堂】
年代
1920年代
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
薩摩琵琶の一種、錦琵琶。四絃五柱。片桑(腹板桑・背板欅)。背板、覆手、撥面、鶴首、兎道(側面)、糸巻きは黒漆塗り仕上げ。撥面幅330ミリ。胴厚み70ミリ(最大値)、全長930ミリ(乗竹〜額下)。重さ2.7キロ。楽器本体のみ。撥・ケース等は付属しません。大正期の製作品と思われます。
※撥、キャリングソフトケース等、ご注文・お取り寄せ致します。(キャリングケース37,800円/撥75,600円〜)

状態
製作から百年近く経過しているため年相応の使用感と修理歴があります。漆塗りは製作時ではなく途中で塗られた施しのようです。烏口台、大干、駒一式製作・取り付け。糸巻き調整。覆手前板補修。猪目・乗竹補修。糸巻き調整・全糸交換済み。
※琵琶を製作する数少ない伝統工芸士、三田村孝尚氏に調整・修理を依頼しています。

特徴・魅力
錦心流の琵琶奏者・水藤錦穣が実践、改良した四弦五柱の薩摩琵琶、錦琵琶(にしきびわ)です。昭和に入り四の絃を複絃にした五絃が広まりましたが、錦琵琶が出回り始めた頃は四絃でした。

和楽器百人堂は、和楽器を通じて日本の伝統文化の素晴らしさをお伝えして参ります。
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR総武線大久保駅南口より徒歩3分(土・日も混雑が少なくスムーズです)
JR山手線新大久保駅から徒歩2分
東京都新宿区百人町1-11-29ARSビル1F

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:65081]
A(年代相応) /tc092018
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23