THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 能管 天野玄竹 作/煤竹天蚕糸巻き能管 (のうかん)詳細
大正から昭和にかけて鬼気迫る勢いで笛を作り続けた笛師、天野玄竹の能管
メーカー/ブランド
能管 天野玄竹 作
モデル
煤竹天蚕糸巻き能管 (のうかん)
年代
1950年代
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
天野玄竹(※)作の能管。煤竹。天蚕糸(てぐす)巻き。笛本体のみの販売品となります。
※明治20年京都市左京区西院生まれ。幼年期から謡・鼓・笛などを習得。笛の師匠、森田流の杉市太郎師に勧めにより笛の製作を始める。昭和44年没。

状態
経年使用による巻きの修正・擦れ、漆の塗直し等が散見されます。指孔の側面にひび割れの補修あり。笛師による頭部内の鉛錘の入れ直し、ロウ入れ直し調整済み。
※能管は唄口内のロウの位置や角度、形状の微調整で息の入り方、音のアタリ具合、音色が変化します。吹き手の息の入れ方によって、調整が必要となる場合がございますことを予めご了承下さい。

特長
鬼気迫る勢いで能管を作り続けた玄竹の笛。多作であったことから石を投げれば玄竹管にあたると揶揄される時代もあったようですが、出来の良い笛は非常に良く鳴り、吹き手を捉えて離さない特有の音色にも魅力があります。入荷の一管はしっかりと吹き込まれてきた痕跡が示す通り、鳴りの良い笛です。

※能管は唄口内のロウの位置、角度、形状の微調整で息の入り方、音のアタリ具合が変化します。当店の能管は笛師の判断で一般的な分量でロウを入れています。吹き手により微調整が必要となる場合がありますことを予めご了承下さい。

●能管について
●能管の音色・取り扱い
●能囃子について
★能管についてのお問い合せ★
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR総武線大久保駅南口より徒歩3分(土・日も混雑が少なくスムーズです)
JR山手線新大久保駅から徒歩2分
東京都新宿区百人町1-11-29ARSビル1F

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:44141]
A(年代相応) /tc092354
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23