THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 能管(のうかん)/煤竹籐巻 菊花葉頭金能管 (のうかん)詳細
幕末〜明治期に製作された割管能管 音色の良い一管
メーカー/ブランド
能管(のうかん)
モデル
煤竹籐巻 菊花葉頭金能管 (のうかん)
年代
1900年代
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
能管。煤竹籐巻き割管(※)。一閑張り黒漆塗笛筒(筒先漆剥がれ、傷みあり)。幕末から明治期の製作と思われます。
※竹を縦に八つ(稀に十六)に裂いて裏表を返し、筒状に組み上げられた笛。竹をそのままに内外を加工して成形した笛は丸管と云う。

状態
籐巻き部分の漆塗り直し、巻直し箇所が点在しています。頭内の錘のガタ留め・調整、歌口ロウ入れ替え調整済み。
※八割管は割いて組んだ竹の隙間に地漆を塗り込んで成形しますが、竹は水分を含むと膨張を繰り返すため、百年近い年月が経過すると組んだ竹同士に隙間が生じる場合がございます。笛表側は地漆の上に拭き漆を何度も塗り重ね、最後に樺で巻いて補強するため隙間が生じることはありませんが、管内部や指孔廻りは隙間が生じます。特に指孔廻りは開きが生じやすく、この管も、指孔のライン上の管内側は広範囲に隙間が発生しています。
※能管は唄口内のロウの位置や角度、形状の微調整で息の入り方、音のアタリ具合、音色が変化します。吹き手の息の入れ方によって、調整が必要となる場合がございますことを予めご了承下さい。

特長
各部の修正痕や擦れ具合から、かなりの年月吹き込まれていた笛と思われます。管尻は短く切った丸管で閉じられているので一見丸管のように見えますが割管です。割管であることを誇示するのではなく、姿を綺麗に仕上げることに配慮した笛師の粋が伺えます。中音域の音色の良い笛です。

●能管について
●能管の音色・取り扱い
●能囃子について
☆店のご案内
新大久保駅改札から徒歩30秒
東京都新宿区百人町1-11-23 TC楽器3F
和楽器百人堂/TC楽器
wagaku@tcgakki.com
電話03-5386-4563
営業時間:11:00〜20:00 
(休日 水曜定休・祝祭日は営業、年末年始)

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:64292]
A(年代相応) /tc092358
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23