THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 向田三藾:むこうださんらい/鳳笙煤竹乱節管詳細
かつての東京浅草三筋町にて雅楽器を製作していた宮内庁御用達の職人、向田三藾作の鳳笙乱節管
メーカー/ブランド
向田三藾:むこうださんらい
モデル
鳳笙煤竹乱節管
年代
1930年代
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
向田三藾作の鳳笙。煤竹乱節管。全長43センチ。錦袋、枕(それぞれ新調)・キャリングケース付き(1970年代)

状態
笙専門職人の元で調整完了済み。調整内容は以下の通り>洗い調律。頭部内消毒・洗浄。竹管内外クリーニング。下・毛の竹根継ぎ補修。十・美リード交換。屏上調整。

特徴
かつての東京浅草三筋町にて雅楽器を製作していた宮内庁御用達の職人、向田三藾作の鳳笙。三藾の高弟にあたる鈴木直人(すずきなうんど)がクローズアップされる傾向にありますが、楽器の仕上がりにかなりのムラがあった直人に対して、三藾の製作楽器はばらつきが少なく、殆どが高いレベルに達していました。とりわけ今回の笙は特に出来が良いです。竹の肉痩せが殆どなく、根継ぎも吸い付くようにぴったりと収まっています。音色も申し分ありません。この笙は25年程前に他界された宮内庁学部長が所有していた一管ですが、篳篥がご専門であったため、笙は本節には拘らなかったものと思われます。ただし、製作側は学部長に納めるということで手抜かりのない仕上げとなったのではないでしょうか。寸法がやや短く、竹管の色合いも明るめの煤竹で組まれているところから、おそらく最晩年の頃に組んだ一管ではないかと思われます。

★笙ついてのお問い合せ★
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR総武線大久保駅南口より徒歩3分(土・日も混雑が少なくスムーズです)
JR山手線新大久保駅から徒歩2分
東京都新宿区百人町1-11-29ARSビル1F

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:77258]
S(美品) /tc095345
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23