THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 三味線、琴(箏)など弾きもの 長唄三味線/紅木棹持綾杉彫胴 黒檀面取り糸巻き 【和楽器百人堂】詳細
良材紅木棹に子持ち綾杉彫り胴の長唄三味線
メーカー/ブランド
長唄三味線
モデル
紅木棹持綾杉彫胴 黒檀面取り糸巻き 【和楽器百人堂】
年代
1980年代
店頭参考価格(税込)
売却済み(SOLD)
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
長唄三味線。紅木棹段違い溝継ぎ。子持綾杉彫胴。面取り黒檀糸巻き。象牙ハギ撥(持ち手黄ばみ)・駒付属。胴掛け(紺新調)、天神キャップ、長袋(新調)、トランクケース付き。新品相場価格45万円相当

状態
両面皮張り替え(犬皮※)。角穴調整、タテハリ木、チリあわせ、福林直し(1の小)、金物こかし、みがき、糸巻き調整、全糸交換。
※四ツ皮張替えご希望の際は別途費用にて承ります。(両面50,000円〜)

特徴
密度のシッカリとした良材紅木が使われた長唄三味線です。継ぎに金具こそ施されていませんが、製作した職人さんが子持ち綾杉彫り胴と合わせているとおり、現在の金細棹に引けを取らない良品です。

☆高級三味線の棹に使用される紅木は、現在は厳しい取引規制の対象となっています。良材の紅木を三味線に使用すること自体が極めて困難となっております。現在、良材が贅沢に使えた時代に製作された三味線の評価が高まっており、紅木を用いた高級三味線の市場価格は年々上がり始めています。『三味線は消耗品で十年程度で鳴りが落ちてくる』という説は、毎日長時間の稽古と過酷な舞台で演奏するプロ奏者の場合。愛好家の方ならば、棹や胴の材質が優れている三味線を選べば、仕込み調整の手を定期的に入れることで二、三十年は十二分にご堪能頂けます。この機会を是非、ご利用くださいませ。

※御購入後の皮破れ、糸切れにつきましては、期間に拘らず保証対象外となります。予めご了承くださいませ。
和楽器百人堂は、和楽器を通じて日本の伝統文化の素晴らしさをお伝えして参ります。
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR総武線大久保駅南口より徒歩3分(土・日も混雑が少なくスムーズです)
JR山手線新大久保駅から徒歩2分
東京都新宿区百人町1-11-29ARSビル1F

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:75868]
A(年代相応) /tc096417
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23