THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 能管古管 法鏡 造/銘“黒獅子”【和楽器百人堂】詳細
いにしえの笛師、法鏡(中法鏡)作の能管古管 素晴らしい音色を湛えた一管
メーカー/ブランド
能管古管 法鏡 造
モデル
銘“黒獅子”【和楽器百人堂】
年代
1900年以前
店頭参考価格(税込)
1,100,000 円
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

概要
能管古管。煤竹・櫻樺巻き。森田千鳥黒漆塗り一閑張笛筒、錦袋、黒漆塗り箱付属(※)。江戸初期の製作品と思われます。
※管箱蓋裏に昭和37年の寄贈経緯の能書きが記載されていることから、箱はその時に誂えたものと思われます。

状態
歌口手前はあて木による補修。樺巻き補修が点在(巻き直し・巻き部分の漆塗り) 経年使用による擦れが見受けられます。演奏に問題のない状態です。

特徴
法鏡作の能管古管。法鏡は森田光春編『森田流奥義録』の「笛の作者」に記されている「宜竹」の名を持つ二人のうちの「中作之部」の宜竹、「法橋宜竹ト言ウ,蝉際ニ法橋ト焼印アリ」と記載されているいにしえの笛師。法鏡宜竹は鎌倉まで遡り何代かに渡っています。この笛は、法鏡銘としては中期、いわゆる中法鏡に該当すると思われます。柔らかくしなやかでありながら遠音を射す素晴らしい音色を備えた名管です。

●能管について
●能管の音色・取り扱い
●能囃子について
★能管についてのお問い合せ★
お問い合せ直通電話 03-5386-4566
お問い合わせ直通メールwagaku@tcgakki.com
和楽器百人堂
お店の場所 JR総武線大久保駅南口より徒歩3分(土・日も混雑が少なくスムーズです)
JR山手線新大久保駅から徒歩2分
東京都新宿区百人町1-11-29ARSビル1F

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:81606]
A(年代相応) /tc099396
このページのトップへ
ご案内

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23