THE 和楽器
楽器を探す
能
歌舞伎
  • 能管
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 締太鼓
雅楽
  • 竜笛
  • 篳篥
吹きもの
打ちもの
弾きもの
THE和楽器トップ 篠笛、能管、笙など吹きもの 上級武士のたしなみセット/小鼓胴・古革一式、一節切(ひとよぎり)、大鼓胴詳細
真のサムライスピリッツを身につけるならコレ!! 徳川時代の上級武士の必須アイテムは“刀”ではありません\(^o^)/
メーカー/ブランド
上級武士のたしなみセット
モデル
小鼓胴・古革一式、一節切(ひとよぎり)、大鼓胴
年代
1900年以前
店頭参考価格(税込)
506,000 円
サムネイルをクリックすると表示画像が切り替わります
取扱店舗からのメッセージ

[概要]
江戸、徳川時代の上級武士の嗜みごとの定番楽器をセットにいたしました。式楽(※1)として武士の公式音楽に制定された“能”のお囃子楽器、小鼓胴・古革一式と大鼓の胴、そして、文人らにも愛された一節切(ひとよぎり※2)。それぞれ江戸期の製作品です。

※1式楽…徳川幕府時代に“能”が公の音楽として制定。大名家には面(おもて)や楽器、装束や道具類が常備された。
※2一節切(ひとよぎり)…鎌倉時代より連歌や茶の湯と並び、文人や武将に嗜まれた。一休さんこと、一休和尚もこの縦笛に熱心だった様子が『狂雲集』などから読み取ることが出来きる。当時は一節切とは呼ばずこれを尺八と呼んだ。調子は黄鐘 (A管)。

[状態]
小鼓
瓢箪に葵の蒔絵。胴内側には十一段の精緻な段カンナ目が施されています。胴重さ510グラム。桜の芯材が用いられています。

大鼓(胴のみ)
松に羽衣の蒔絵。カンナ目は、上下ともに16段の段カンナが丁寧に施されています。胴重さ743グラム。

一節切
管表面の金色の線は陶器の技法ではお馴染みの金継の一種。製作段階でひびが入った部分の漆の埋め痕に蒔絵と同じ技法で金を蒔いています。

[特徴]
徳川時代の武士の必須アイテムは刀だけではなく、能や舞い、謳いなどの文化教養のための道具も欠くことが出来ないものでした。使用頻度の点では、むしろ刀以上だったようです。小鼓を打ち、一節切を奏でることが出来きて、一人前の武士。貴方も本当の“サムライスピリッツ”を身につけてみませんか!?

☆店舗ご案内☆
新大久保駅改札から徒歩30秒
東京都新宿区百人町1-11-23 TC楽器3Fフロア
和楽器百人堂/TC楽器
wagaku@tcgakki.com
電話03-5386-4563
営業時間:11:00〜20:00 
(休日 水曜定休・祝祭日は営業、年末年始)
※メールアドレス・営業時間の変更はございません。

この商品の取扱店舗のページへ行く
シリアル No.
状態/お問い合せ番号
[店舗用:38344/51094/71185]
A(年代相応) /tc104151
このページのトップへ

c THE 和楽器/有限会社ミュージック・ソリューションズ All rights reserved.

169-0073 東京都新宿区百人町1-11-23